新しい革の紹介

0

    JUGEMテーマ:レザークラフト

     

    新しく使用する革を購入しました。

     

    少し前から栃木レザーをメインに使用するようになりましたが、今回購入したのは

    同じく栃木レザーで「アニリン仕上げ」という種類です。

     

    普段使用している栃木レザーは、染料仕上げしただけの物で特に銀面(表面)などに

    コーティングなどはされておらず、どちらかというとマットな感じの仕上がりになっていますが、

    「アニリン仕上げ」は銀面(表面)に透明感があり美しい仕上げで高級感があります。

     

     

    今回はブラックを購入しましたが、色の種類も多いので、少しずつ色を増やしたいと思ってます。

     

     

     

    続きましては「アキャブ」のブラックです。

     

    この「アキャブ」はイタリアの革で銀面(表面)にナイフでランダムにカット加工が

    入っているのが特徴の革です。

     

    前回はブラウンを使用して「ジッパーロングウォレット」と「ハーフウォレット」を製作しました。

    *この時のブログはこちらからどうぞ 「アキャブを使ったジッパーロングウォレット」

                      「アキャブを使ったハーフウォレット」

     

     

     

    少し光って色がわかりづらいとは思いますが、自然なシボと艶があります。

    (*シボとは表面にあるシワのようなものです)

     

    今回は ジッパーロングウォレットやショートウォレット、スライドカードケースや

    ミニコインパース等を製作予定です。

     

     

    おまけの素材

     

     

    デニムの生地が売ってたので衝動買いしてしまいましたが、何に使えばいいのか?

    買ってから悩んでいます、ナチュラルの革にインレイで使用すればいい感じになりそうですが・・・


    | 1/2PAGES | >>