床革を使った仕事用ケース

0

    JUGEMテーマ:レザークラフト

     

    知り合いの方の仕事で使うケースを製作しました。

     

    タイトルにある通り、使用した革は全て「床革」です。

     

     

    革は綺麗な表面の方を「銀面(ぎんめん)」といい、裏側を「床面(とこめん)」といいます。
     

    例えば厚さ5mmの革を2mmの厚みに漉いてもらうと、2mm厚の綺麗な銀面部分と

    残り3mm厚の銀面の無い部分に分かれます。

     

    この銀面の無い革を「床革(とこがわ)」といい、通常は商品には使えない為、試作品などの

    製作に使用したりします。

     

    今回は仕事で使うとすぐに傷がついてボロボロになる上に、安い方がいいとの事なので

    床革を使用しました。

     

     

    少し前に一つ製作してから2つ目を製作しました、上の写真が後から製作した分で、下の写真が

    初めに製作した分です。

    後から製作した分は下の方を丸めてあります。

     

    写真ではサイズがわかりませんが、全長は約40cmと結構大きく、鎌や鉈などを入れて使用するみたいです。

     

     

    床革で製作出来る物には限りがありますが、今回の様に簡単なケースであれば比較的安く製作出来ます。

     

    ただ床革自体の在庫が少ない上に厚み等もマチマチなので、ご注文を頂いても製作出来ない場合もあるので

    しばらくは知り合いの方や、直接お会いできる方に限定してご注文をお受けしています。

     

     

    現在オーダーのジッパーロングウォレットを2つ製作しております、少々遅れ気味ではありますが

    後少しで完成しそうなので製作出来次第、ブログで紹介させて頂きます。

     

    ご注文主様、もう少しだけお待ちください。


    | 1/101PAGES | >>